ホーム » リゾバライフ

リゾバライフカテゴリの記事一覧

ゲレンデバイトで滑りまくり!| スキーリゾバで満足するには?

忙しすぎてあまり滑れなかった!
>> 職種や条件をよく調べてから応募♪


スキー場のゲレンデバイトって、
滑れる時間はどのくらいあるの?


雪山に篭って住み込みバイトしたい人の目的はなんでしょうか?
ほとんどがスキーやスノボで思いっきり滑ることですよね!

それにもかかわらず、2ヶ月もリゾバに行っていたけど、
ほとんど滑る時間がなかった!

そんなことになったらガッカリですよね。

そこで、事前にどんなことに気をつけて、
スキー場や職種を決めればいいのかを考えてみましょう!

ナイター設備があって、夜も滑れるスキー場を選ぼう!

滑れるのは、休憩時間か休みの日!


ゲレンデの雪質や長さによって滑りやすさは変わってきます。
スキー場選びは大切なんですね!

でも、もっと大切なのは、自由に滑れる時間や休日がどのくらいあるかです!

山は、日の出が遅く日没は早く、スキーができる明るさがある時間帯は
意外と少なく、朝と晩は冷え込みます。

滑れるのは、だいたい、朝8時から夕方4時ぐらいの感じでしょうか・・・。

もし、この時間帯にモロ、バイト時間が当てはまってしまったらどうでしょう?
週に1日か2日程度の休みの日に滑るしかなくなってしまいます。

でも、ナイター設備があるスキー場だったら、話が違ってきますよね!

仕事が終わったあとに、毎日でも滑ることができるのです♪
まず、ナイター設備のあるスキー場を選ぶことです。

ゲレンデバイトでの職種の選び方

接客が得意ならうまく行きます!


職種は、なにを選んだらいいでしょうか?

スキー場でのバイトは・・・

リフト係、リフト券の販売、道具のレンタル、売店、レストラン、
ホテルでのフロントや接客、レストランのウェイターやウェイトレス、
調理補助、スクールの受付など、いろいろあります。

たとえば、行きたいスキー場の募集が、リフト係だけだったら、
迷う必要はありませんね。

でも、1つのスキー場が、職種ごとに求人募集している場合も少なくありません。

アルバイトの職種を大別すると、接客業とそれ以外に分かれます。
スキー場でのバイトは、人と接する接客業が多いですね。

普段、コンビニやファミレス、居酒屋でバイトしているような人なら
接客業に慣れていますから、戸惑うことも少ないでしょう!

どうも人と話したりするのが苦手だな。。

そんな人は、あまり人と接しなくても済む、
清掃や調理補助、裏方仕事などを選びましょう。

リフトの乗り降りをサポートするリフト係は、ずっと外に立ちっぱなしです。
体が冷えますから、それが耐えられる人向きです。

チケットセンターやレンタルショップは、お金の計算や確認がつきまといます。
頭の回転が早い人のほうがやりやすいでしょう!

ゲレンデバイトを決めるときの優先順位とは?

思いっきり滑れるかどうかが鍵!


スキー場と職種をチェックしたあとは、寮などの施設や待遇ですね!

アレ!バイトなんだから、時給とかが最初じゃない?


家の近くから通ってバイトをするんだったら、
お金は1番重要視すべき事柄です。

でも、スキーやスノボで滑るために、わざわざ山に篭るのですから、
できるだけ長く気持ちよく滑れる環境を選ぶことを優先すべきです!

待遇面では、時給の額よりも、リフト券をタダでもらえるかどうか
のほうが遥かに重要です。しっかりチェックしておきましょう。


帰ってくるときの満足度を高めるために、
スキー場バイトの選び方をまとめると・・・

1)ナイター設備のあるスキー場を選ぶ
2)覚えたり慣れることが少ない職種の選択
3)寮や待遇を細かくチェックしておく

になります!

では、チェックポイントがわかったら、次はさっそく・・・

>> 3つの大手派遣会社に登録して、
満足度の高いスキー場バイトを選ぼう!

  • 1

Return to page top