ホーム

大学生が視野を拡げる方法!| 買ってでもやっておきたいこと

就活のためにも視野を拡げておきたい!
>> リゾバなら、さまざまな体験ができる♪


もっと視野を拡げたい!


大学は、学問をするには最適な環境です!

僕は大学時代、デザインを勉強してました。

実際のデザインの実習よりも、情報理論や言語学、サイバネティクスなど、
直接関係がなさそうな講義のほうが多かったのです。

こんなこと勉強して、仕事の役に立つのかな?
絶えずそんな疑問を持っていました。

でも、学生時代にはよくわかりませんが、社会に出てしばらくすると
その、関係ないと思っていたことがけっこう役立ってくるのです。

今役立たないからといって、無駄だと思わないで幅広く触れておくといいですよ!

社会人に比べて、学生時代は時間がありますから!

大学生が視野を拡げるためにやっておきたい、3つのこと!

バイト、旅行、人との交流・・・
すべて体験したい!


具体的にいうと、大学時代に、ひとつの課題に対して、大局的に見たり、
多角的に分析できる力の基礎力を養うことができれば、
あなたがどんな仕事に就いても、応用が効くようになるのです。

では、視野を拡げるために、大学の授業や読書以外で
やっておくべきことはなんでしょうか?

実体験と相談サイトを参考に、3つにまとめてみました。


1)いろいろな人と触れて、話をしてみる!

2)今まで経験したことのないことにチャレンジする!

3)住んでいるところと違う環境に身を置いてみる!


この3つを満たすには、旅行やバイト、ボランティアなどがありますね。
どれも、学生なら誰でも経験しやすいことじゃないでしょうか?

実は、1つだけで、これら3つすべてを経験できるものがあるのです!

1つのリゾートバイトで、3つのこと全部を体験できる!

「リゾートバイト」って、ご存じですか?


日本全国の観光地の宿泊施設やお店に行って、
一定期間、住み込んで働くアルバイトです。

高い交通費や宿泊代を払わないと行けないような観光地に、
寮費、食事代、光熱費が無料で滞在できるのです。

しかも、バイト代がほとんど残ります。
貯金や、やりたいことの資金が溜まりますよ!

全国からアルバイトスタッフが大勢集まって来ますから、
大学の友達とは違った仲間ができるし、社員の人たちから、
仕事の実態はどうなっているのか、生の話も聴けますね。

また、リゾートバイトは、旅館の仲居やホテルのフロントなど、
接客の仕事が多いですから、お客さんをもてなすことになります。

接客マナーやスキル、ことば遣いが身に付きますから、
就活の面接はもちろん、就職して営業職になったり、
丁寧なコミュニケーションが必要なときに役立ちますよ!


むかしから、「若い時の苦労は買ってでもしろ!」といわれます。

苦労かどうかは、その人の感じ方によって変わりますが、
リゾートバイトは、給料をもらいながら、さまざまな貴重な経験が出来ます。

大学生が視野を拡げるには、最適ですよ!

>> どこで、どんなことをするのか?
リゾートバイトの中身を見てみよう!


オススメします♪

Return to page top